STOP! メタボリック・ドミノ with 特定保健指導

特定健診・特定保健指導

HOME > 健康管理センター > 特定健診・特定保健指導

特定健診

  特定健康診査(特定健診)は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健診で、健康保険組合・共済組合・国民健康保険を問わず、医療保険に加入している40歳から74歳までのすべての方が対象です。
  サラリーマンの場合は、職場で今までどおり健診を受けることにより、特定健診を受診したことになります。
  これまで市町村の健診を受けていた扶養家族(サラリーマンの奥様で、専業主婦の方など)も、被用者の保険で実施される特定健診の対象者になります。
  この特定健診の結果に基づき、メタボリックシンドロームのリスクに応じて保健指導レベルを決定し、特定保健指導が行われます。

特定健診の内容

必 須 検 査
  検査項目            
    質問票 病歴、服薬歴、喫煙歴、生活習慣病などの情報  
    身体計測 身長、体重、BMI、腹囲      
    理学的検査 身体診察      
    血圧測定 収縮期血圧(最高血圧)、拡張期血圧(最低血圧)  
    血液検査 ・脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)  
  ・血糖検査(空腹時血糖又はHbA1c) ※健康保険組合によっては、
       両方の場合もあります。
  ・肝機能検査(GOT、GPT、γーGTP)    
    検尿 尿糖、尿蛋白      
詳細な健診の項目 ※一定の基準の下、医師が必要と認めた場合に実施  
・心電図検査  
・眼底検査  
・貧血検査(赤血球数、血色素量、ヘマトクリット値)  

特定保健指導レベル

ステップ1 → ステップ2 → ステップ3と4
腹囲 追加リスク 喫煙歴 対象
①血糖 ②脂質 ③血圧 40~64歳 65~74歳
男性 85cm以上
女性 90cm以上
2つ以上該当 積極的支援 動機づけ支援
1つ該当 あり
なし 動機づけ支援
 上記以外で
     BMI 25以上
3つ該当 積極的支援 動機づけ支援
2つ該当 あり
なし 動機づけ支援
1つ該当  
BMI = 体重Kg ÷ (身長m×身長m)
追加リスク ステップ4補足
 
①血糖 ②脂質 ③血圧 ・65~74歳の方は積極的支援の
 空腹時血糖  中性脂肪  収縮期(最高)  対象になった場合も動機づけ支援
  100mg/dl 以上   150mg/dl 以上   130mmHg以上  となります。
または または または  
 HbA1c  HDLコレステロール  拡張期(最低) ・服薬中の方は医療機関において
  5.6% 以上   40mg/dl 未満    85mmHg以上  継続的に医学的管理のもと指導
または または または  が行われるものとして特定保健
 薬剤治療を受け  薬剤治療を受け  薬剤治療を受け  指導の対象にはなりません。が、
 ている場合  ている場合  ている場合  主治医の依頼や了解のもとで特定
       保健指導を行う場合もあります。
 
・上表でいづれにも該当しない場合は
 「情報提供」レベル
 

特定保健指導

  特定健診の結果から、生活習慣病のはしり症状とされるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)またはその予備群に 分類されたものの、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、生活習慣を見直すサポートをします。
  サポートの関わり方は特定保健指導レベル(情報提供、動機づけ支援、積極的支援)に沿った形で行われます。

情報提供 ご自身の身体状況を認識するとともに、健康な生活習慣の重要性に対する理解と関心を深め、  
生活習慣を見直すきっかけとなるよう、健診結果の提供にあわせて、各検査数値の意味や、  
生活時における注意点などについての情報提供がなされます。  
動機づけ支援 メタボリックシンドロームのリスクが出はじめた方を対象とした保健指導です。  
医師、保健師,管理栄養士による個別面談が1回行われます。そこで行動計画を策定し、  
生活習慣の改善のための取り組みに係る動機づけ支援を行ないます。  
半年後に計画の実績評価を行います。  
積極的支援 メタボリックシンドロームのリスクが高まった方を対象とした保健指導です。  
医師、保健師,管理栄養士による保健指導が個別面談で始まります。そこで行動計画を  
策定し、その後半年にわたって、食事や運動などの生活習慣改善に取り組み、  
その実施について電話・Eメール・手紙・FAXなどによる継続的な指導を受け、目標を達成しよう
 
とするものです。半年後に計画の実績評価を行います。  

動機づけ支援と積極的支援のプロセスを図示。どちらも初回面接は個別面接20分以上医師、保健師または管理栄養士が対象者に合わせた実践的アドバイスを行います。その後は対象者ご自身で、「行動目標」に沿って、生活習慣改善を実践します。この過程で積極的支援は、面接・電話・メール・ファックス・手紙等を用いて、生活習慣の改善を応援します(約3 ヶ月以上)。初回面接から6ヵ月後に実績評価をします。面接・電話・メール等で健康状態・生活習慣(改善状況)を確認します。

特定保健指導を受けるには(要予約

  ・健康保険組合から特定保健指導の利用券が届きましたら、日時を予約してください。
  ・利用券には有効期限がありますから早めの予約申し込みをお願い致します。
  ・他の健診機関・医療機関等で特定健診を受けた方は、予約後に健診結果をFAX等で提出していただくことになります。
  ・特定保健指導を受ける当日は、利用券と健康保険証を持って来院ください。
  ・被扶養の方や被保険者ご本人でも加入する健康保険組合によっては窓口で自己負担金をお支払いいただく場合があります。
   自己負担金の有無は利用券にも明記されています。不明な場合はおたずねください。


予約申し込み先

 池田病院健康管理センター TEL 055-986-8600      FAX 055-986-1808

※池田病院は、協会けんぽ、各種健康保険組合の「特定保健指導実施機関」として指定されています。
       協会けんぽ静岡支部

特定健康診査機関・特定保健指導機関としての重要事項

特定健康診査機関としての重要事項―クリックして確認できます。

特定保健指導機関としての重要事項―クリックして確認できます。

  • 健康管理センター tel:055-986-8600 fax:055-986-1808
  • 交通アクス
  • お問い合わせ
  • 協会けんぽ加入者様向け日帰り人間ドックコースご案内
  • SASnet 睡眠時無呼吸症候群に関する情報サイト
  • アクセス
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
  • サイトマップ(目次)
▲ ページの先頭へ▲ ページの先頭へ
一般事業主行動計画一般事業主行動計画

このページを正常に閲覧するためには、最新のFlash Playerが必要です。こちらからダウンロードしてください。