クレアチニン(Cre)   *注意・・・必ずしも下記疾患とは限りませんので御了承ください。
数  値 考えられる疾患
0.7以下
(正常下限値以下)
1. 筋疾患
  (筋ジストロフィー、筋萎縮性側索硬化症など)
  長期臥床
2. 妊娠
  尿崩症
0.7~1.4
(正常域)
筋肉量の少ない人(高齢者など特に女性)では腎機能低下を必ずしも否定できない
1.4以上
(正常上限値以上)
腎炎、糖尿性腎症、高血圧症、腎不全(急性、慢性)、うっ血性心不全、肝硬変、ショック、降圧剤過剰服用、脱水、火傷

戻る