ALP(アルカリホスファターゼ)   *注意・・・必ずしも下記疾患とは限りませんので御了承ください。
数  値 高頻度にみられる疾患 否定できない疾患
低 値 家族性低ホスファターゼ血症、亜鉛欠乏  
正常値 黄疸あり 黄疸なし 慢性肝炎、肝繊維症、肝硬変、肝癌、特発性門脈圧亢進症
体質性黄疸、溶血性黄疸 健康、脂肪肝
軽度上昇
正常上限の
2倍まで
急性肝炎(ウィルス)、薬剤性肝障害(肝細胞障害型)、うっ血性 慢性肝炎、肝硬変、甲状腺機能亢進症、骨折、原発性肝癌、慢性腎不全 脂肪肝、肝や骨の初期病変
中等度上昇
2~4倍
アルコール性肝炎、薬剤性肝障害(胆汁うっ帯型) 副甲状腺機能亢進症、くる病、成長期、妊娠、原発性肝癌 高度上昇をきたす疾患
高度上昇
正常上限の
4倍以上
閉塞性黄疸(結石、腫瘍)、胆道感染症、先天性胆道疾患 限局性肝病変(転移性肝癌、肉芽腫、膿瘍)、ページェット病、転移性骨腫瘍(乳癌、前立腺癌)、骨肉腫、ALP産生腫瘍(泌尿生殖器癌、肺癌、肝癌) 肝炎(肝内胆汁うっ帯型)家族性高ホスファターぜ血症

戻る